注目キーワード
  1. DMM WEBCAMP

名探偵コナン【瞳の中の暗殺者】犯人はだれ?わかりやすく解説してみる

  • 2020年1月31日
  • 2020年4月27日
  • 作品関連
  • 134回
  • 0件

コナン映画の中でも人気作品、
『瞳の中の暗殺者』を解説していきます。

ネタバレも含みます。
ご注意を。

『瞳の中の暗殺者』の見どころは?

蘭が記憶喪失になってしまいます。
大きなショックから自分を守るために記憶障害を起こします。

しかも欄は犯人を目撃しています。
そう、蘭は犯人から命を狙われるのです。
一大事です。

蘭を守るコナンの活躍こそが見どころです。
コナン、改めて蘭に好きだと言う気持ちを伝えたりします。

銃で襲ってくる犯人、蘭の手を引いて逃げるコナン。
記憶喪失中の蘭姉ちゃんは不思議なのです。
どうしてこの少年は私のことを命をかけて守ってくれるんだろう?

コナンは言います。
「好きだからだよ。好きだらから、オメーのことが、この地球上の誰よりも」

なんだか、ポッ~ってなってしまいます。
犯人は誰?それ以上に、蘭のことを命をかけて懸命に守るコナンの姿が、
見どころです。

そして記憶喪失の蘭の護衛に高木刑事がつく時、
犯人の魔の手が忍び寄ります。そこが見どころです。
映画を見ていると、だんだん分ってきます。
あっ!・・・もうすぐ蘭姉ちゃんがピンチになる。

もちろん、高木刑事が悪いわけではありません。
今回の映画ではそういう役どころなのです。

『瞳の中の暗殺者』を解説(ネタバレあり)

『瞳の中の暗殺者』の前半部分を解説

とある雨の日です。
奈良沢警部補が何者かによって射殺されます。
電話ボックスの中で、電話をし終えたあとに、
サイレンサー付きの銃で撃たれました。

道路を挟んで、コナンや
吉田 歩美(よしだ あゆみ)、小嶋 元太(こじま げんた)、円谷 光彦(つぶらや みつひこ)少年探偵団の面々が目撃します。

犯人を追いかけるコナンでしたが・・・。
犯人に逃げられてしまいます。

亡くなった奈良沢刑事は左胸を抑えて絶命。
コナンたちはこれをダイニングメッセージと考えます。

左胸を抑えて亡くなっている・・・。
これは『警察手帳』を示しているのでは?

そして犯人は傘を右手で持っていた。
銃を撃ったのは左手。
どうやら犯人は左利きのようだ。

マンションの駐車場で、
芝刑事の射殺体が発見されます。
遺体の手には『警察手帳』が握られていました。

犯人は警察関係者を狙っているのか?
普段は色々情報を教えてくれる目暮警部もなんだか様子がおかしい。
口が固いのです。なにか教えたくない秘密があるようです。

そんな矢先です。

白鳥刑事の妹さんパーティーが開かれます。会場は米花ホテル
なんでも、妹さんの友人たちが開いてくれた結婚を祝うパーティーとのこと。
原作のストリートにひっかからないよう、絶妙な感じなのです。
あくまで、友人たちが結婚を祝うパーティーなのです。

白鳥刑事の妹さんは弁護士の卵、兄は刑事。

パーティーには警察関係者も招待されています。
小五郎、蘭、コナン、園子、
妃 英理(きさき えり)小五郎の別居中の妻も出席します。
※英理の仕事は弁護士です。

そんな中、事件が発生します。
米花ホテルの上層階が爆破されます。
その影響で停電が発生。

化粧室にいた佐藤刑事と蘭、
蘭は鏡の下の棚を明けます。そこから光がもれていたのです。懐中電灯が置かれていました。ですが、それこそが犯人の仕組んだ罠。

蘭が懐中電灯を手に持つ。暗闇の中でも蘭たちの居場所がわかる。
隠れていた犯人が銃口を向けます。犯人は佐藤刑事を狙っていたのです。

サイレンサー付きの銃から弾が放たれます。
気持ち的には、パンパンパン!です。
佐藤刑事は重症です。命が危うい状態です。

蘭は自分が懐中電灯を手とったせいで、
佐藤刑事が撃たれたんだとショックを受けます。
そして気を失ってしまいます。

目覚めた時には蘭は、
記憶障害をおこしています。
強いショックから自身を守るための、防衛本能なのでしょうか。

蘭はコナンを見て言います。
「坊や、誰?」

そしてコナンや小五郎は、
なぜ目暮警部の口が重いのか、その理由を知ります。
高木刑事につめよるのです。

それを見ていた白鳥刑事が口を開きます。
『Need not to know』

警察の隠語で、意味は”知る必要のないこと”

どうやら犯人は警察関係者かもしれないとのこと。
しかも警察上層部の人間かもしれないとのこと・・・。

ややややや・・・・。

さあ、物語が面白くなってきたぞ!
なのです。

もちろん、
佐藤刑事が撃たれて黙っていたわけではありません。
パーティーに出席していた小田切警視庁刑事部部長、指示のもと、
厳戒態勢をしきます。

米花ホテルを封鎖して、犯人が逃げられないようします。
そしてその場にいる、警察関係者を含め全員の硝煙反応を調べました。
銃を撃った時に硝煙が舞うのです。

が、誰一人硝煙反応が出た人物はいませんでした。
実はこれ、犯人がトリックを使って硝煙反応が出ない様に細工をしたのです。

事件の情報を隠している目暮警部に、
小五郎が詰め寄ります。
佐藤刑事も蘭もこんな目には合わなかった!的なことを言います。

目暮警部は口を開きます。

去年の夏のことです。

仁野保(じんの たもつ)医師の変死事件です。
捜査をしていたのは、

友成警部
奈良沢警部補
芝刑事
佐藤刑事
の4人です。

今回の事件で命を失った
奈良沢警部補
芝刑事

そして、
銃弾を受けて生死の間をさまよっている佐藤刑事

こりゃあ穏やかじゃないねぇ・・・。
今回の事件と絶対に関連があるんじゃないのかい?

現在の犯人のヒントです。

左利き
察関係者かもしれない。
警察の上層部の人間かもしれない。

じゃあ一人だけ、無傷で生きている
友成警部が犯人なんじゃ?

違うのです。

友成警部は仁野保医師の変死事件の張り込み中に、
発作をおこし、病院へ向かうも命を落としていました。

ちなみに、
張り込んでいた理由ですが、仁野保医師は亡くなる前に男と揉めていたことが確認されています。
その男は、ロック歌手・小田切 敏也(かたぎり・としや)

うん?小田切?
そうです。小田切警視庁刑事部部長の息子です。

小田切敏也が小田切警視庁刑事部部長の息子だと知った、
奈良沢警部補と芝刑事は事情聴取すら行いませんでした。

そして仁野保変死事件は自殺と断定されました。
仁野保は手術ミスで患者から訴えられていたのです。
そもそも仁野保とう人物は人格者とはほど遠い、あまり噂のいい人物ではないのです。

少し情報量がいいですね。
少し整理しましょう。

犯人のヒントです。

左利き
警察関係者かもしれない。
警察の上層部の人間かもしれない。

あっ!・・・小田切警視庁刑事部部長が犯人なんじゃ?
我々はそう、疑いを持つのです。

実は、
奈良沢警部補
芝刑事
佐藤刑事
の3名は再度、仁野保変死事件の真相を捜査していたのです。

息子の事件が発覚をおそれた、小田切警視庁刑事部部長が・・・。
息子のためとか言って、本当は自分の地位を守るための犯行なんじゃ・・・。

ちなみに、
仁野保変死事件が自殺で処理されたことに、疑問を持っている人物がいます。
仁野 環(じんの たまき)、仁野保の妹です。仕事はルポライターです。
彼女は思うのです。兄はそもそも患者のことなんて心配するような人物ではない。医療事故を反省して命を落とすような人間ではない。真犯人がいる。

それはそれでどうなんだい?と思いつつも、
仁野保はそういう男なんです。

そしてここでもう一人、
容疑者が浮上してきます。
発作で命をおとした友成警部の息子・友成 真(ともなり まこと)です。
友成 真はお通夜の席で、怒ったのです。

父が発作を起こした時に、すぐに病院へ連れて行かなかった、
奈良沢警部補
芝刑事
佐藤刑事
を怒ったのです。

これは友成警部は発作を起こした時に、張り込み中だからと自分で断ったのです。そうはいえ、息子としては割り切りませんとも。
そのため、3人の刑事を襲う動機は充分にあります。

現在の犯人候補です。

小田切警視庁刑事部部長
小田切敏也
仁野 環
友成 真

ちなみに全員左利きです。
そして全員、佐藤刑事が撃たれた米花ホテルにいた人物たちなのです。
ちなみに硝煙反応の検査をする前に、
仁野 環
友成 真
は姿を消しています。

『瞳の中の暗殺者』の中盤を解説

記憶が戻らない蘭ですが米花薬師野病院を退院します。
なんでも主治医の風戸 京介(かざと・きょうすけ)によると、
記憶と言うのはリラックスしているときに、ふいに戻るということです。

明智事務所でリラックスした生活が始まります。
小五郎と別居中の妃英理も、娘のためを思い一緒に生活をします。

何も記憶が思い出せない蘭ですが、
”工藤新一”には何か昔の面影を感じるのです。
アルバムの中の工藤新一にどんな人なんだろう?と興味がわいたりします。

蘭はコナン、母・英理と銀座への出かけることになります。
護衛は高木刑事です。

護衛は高木刑事・・・。
こりゃあ、蘭がなにかしらのピンチに合うんだろうな・・・。

で、蘭は真犯人から線路に突き落とされます。
コナンが線路に飛び込み間一髪、無事でした。

コナンは考えるわけです。
真犯人を捕まえなきゃだめだ。

コナンは米花ホテルにて、
犯人からなぜ硝煙反応がでなかったのか、
その真相を突き止めます。

犯人はビニール傘に穴を開けて、その穴から銃を放ったのです。
そのため硝煙が衣服につくことはありませんでした。

ということはつまり、あの日、
米花ホテルにいた人物全員が容疑者になりうるとうことです。

ややや・・・。

仁野保変死事件の真犯人が小田切敏也だと思っている仁野環。
仁野環は小田切敏也につきまとっています。

そんな仁野環とともにコナンは、
小田切警視庁刑事部部長のお宅へ乗り込みます。

すべての事件の真相を聞き出そうとするのです。

小田切警視庁刑事部部長は今回の事件の犯人ではありませんでした。
小田切敏也も仁野保を殺害した犯人ではありませんでした。

実は仁野保変死事件の再捜査を、
奈良沢警部補
芝刑事
佐藤刑事
の三人に指示したのは小田切警視庁刑事部部長だったのです。
小田切警視庁刑事部部長は高潔な人物なのです。

仁野保と自分の息子・小田切敏也が口論になっていた理由はこうです。

仁野保医師は薬の横流しをしていました。
それを知った小田切敏也は、金と共に威し取っていたのです。
小田切警視庁刑事部部長は息子・小田切敏也を逮捕しようとしていたのです。

小田切警視庁刑事部部長は事件の犯人ではありませんでした。

実はこの同時刻、
蘭は小五郎、英理と共にトロピカルランドへ行っていました。
トロピカルランドは工藤新一との思い出の場所・・・。蘭はあそこに行ったことがある。行ってみたい。主治医の風戸京介医師にも勧められました。

トロピカルランドへ向かう。
蘭、小五郎、英理。そして護衛の高木刑事。
蘭は線路に落ちた自分を助けてくれたコナンにはあえて内緒にしました。
また危険な目に合わせなくないから。

その車を尾行する、アガサ博士と吉田 歩美、小嶋 元太、円谷 光彦、少年探偵団と灰原。
が、その車を更に尾行する友成真・・・。

友成真、犯人なの?

更にコナンと急ぎ早に分かれた仁野環は、
タクシー運転者に行き先を告げます。「トロピカルランド」・・・。

仁野環も犯人かもしれないの?

『瞳の中の暗殺者』の後半を解説

蘭、小五郎、英理がいるベンチに、
怪しい着ぐるみがやって来ます。
護衛の高木刑事はトイレへ行っています。

少年探偵団の活躍もあり、
着ぐるみは取り押さえられます。

着ぐるみを着ていたのは、
友成真でした。

犯人は友成真だったのか?
小五郎と高木刑事は安心して友成真を警察署を連れて行きます。

灰原は言います。
「これで本当に事件は終わったのかしら?」的なことを言うのです。

そう、事件は終わりません。
友成真は真犯人によって、犯人に仕立てあげられていたのです。

米花ホテルに言ったのも、
真犯人に呼び出されたため・・・。

蘭に着ぐるみで近づいていったのは、
小五郎に助けてもらうためだったのです。

友成真にかかってきた電話の声の主は、
男の時もあり、女の時もある。

えっ?犯人は二人組?

「トロピカルランド」には、
仁野環(じんの・たまき)と小田切 敏也(かたぎり・としや)も来ています。
二人が真犯人?

違うのです。
今回の事件の真犯人は、風戸京介医師でした。
えっ?誰?

蘭の記憶障害の主治医の先生です。
白鳥刑事の主治医でもあります。
殺害された奈良沢警部補は風戸医師のカウンセリングに通っていました。
事件の捜査を再開されることを知りました。

犯人が判明した後は、
コナンと蘭がピンチになりつつも、
伏線を回収しつつ、最終的には風戸京介を捕まえます。
記憶が戻った蘭に、風戸京介は空手でやっつけられるのです。

『瞳の中の暗殺者』 事件の真相

仁野保変死事件の真犯人も、風戸京介でした。

風戸京介医師は元もは外科医でした。
神の左手と呼ばれるような名医だったのです。
しかし手術中の事故で、左手を怪我してしまい精神科医に転身しました。

その手術中の事故というのが、
仁野保医師がメスで、風戸京介医師の手首を切ってしまったのです。
しかもこれ、実は事故ではないのです。
仁野保は故意に 風戸京介に怪我を負わせたのです。

風戸京介は仁野保と再会した日、
手術中の事故の真相を知ります。

そして仁野保医師を殺害したのです。

奈良沢警部補
芝刑事
の二人を殺害し、

佐藤刑事
を襲った理由は、
捜査が再開されて自分の犯行がバレることを恐れたためです。

ちなみに
仁野保医師を脅迫していた小田切 敏也も逮捕されました。

そして生死の間をさまよっていた、
佐藤刑事は一命を取り止めました。

『瞳の中の暗殺者』のラスト

映画のラストには、コナンが蘭に言った。
「好きだからだよ。好きだらから、オメーのことが、この地球上の誰よりも」

実は小五郎も英理へ、同じようなセリフでプロポ―ズをしたことが判明します。

蘭はコナン君が自分の記憶を戻そうとして同じセリフを言ったと勘違いします。
そしてコナン(工藤新一)は、小五郎のおっちゃんと同じ発想なのかよ・・・と、ショックを受けて映画は終わります。

『瞳の中の暗殺者』の登場人物たちと、その声優

江戸川 コナン
→高山みなみ

工藤 新一(くどう しんいち)
→山口勝平

毛利 蘭(もうり らん)
→山崎和佳奈

毛利 小五郎(もうり こごろう)
→神谷明

妃 英理(きさき えり)
→高島雅羅
蘭の母親で小五郎の妻。
「法曹界のクィーン」の異名をもつ有名な敏腕弁護士。

阿笠 博士(あがさ ひろし)
→緒方賢一

少年探偵団

吉田 歩美(よしだ あゆみ)
→岩居由希子
小嶋 元太(こじま げんた)
→高木渉
円谷 光彦(つぶらや みつひこ)
→大谷育江

灰原 哀(はいばら あい)
→林原めぐみ

鈴木 園子(すずき そのこ)
→松井菜桜子
蘭の同級生で親友。

目暮 十三(めぐれ じゅうぞう)
→茶風林
警視庁捜査一課の目暮警部

白鳥 任三郎(しらとり にんざぶろう)
→塩沢兼人
警視庁捜査一課のキャリア組警部。

高木 渉(たかぎ わたる)
→高木渉
警視庁捜査一課の刑事で巡査部長。

千葉刑事(ちばけいじ)
→千葉一伸
警視庁捜査一課の刑事で巡査部長。

佐藤 美和子(さとう みわこ)
→湯屋敦子
警視庁捜査一課の刑事で警部補。

『瞳の中の暗殺者』オリジナルキャラクター編

容疑者たち

仁野 環(じんの たまき)
→深見梨加
ルポライター。左利きだったが右利きに矯正した。
仁野保の妹。

友成 真(ともなり まこと)
→森川智之
フリーター。左利き。
友成信勝の息子。

小田切 敏也(おだぎり としや)
→江川央生
ロックバンド歌手。左利き。
警察幹部である父・小田切敏郎とは確執がある。

小田切 敏郎(おだぎり としろう)
→中田浩二
警視庁刑事部部長。左利き。
小五郎の元上司。

風戸 京介(かざと きょうすけ)
→井上和彦
米花薬師野病院心療内科医師。両利き。

被害者たち

仁野 保(じんの たもつ)
→内田直哉
東都大学付属病院外科医師。
裏で薬の横流しを行うなど素行にも問題がある人物。
失血死した変死体で発見される。

奈良沢 治(ならさわ おさむ)
→島香裕
米花警察署所属の警部補。
電話ボックスから出たところを、サイレンサーを装備した拳銃で射殺される。

芝 陽一郎(しば よういちろう)
→山野井仁
城南警察署所属の巡査部長。
マンションの地下駐車場で射殺体となって発見される。

『瞳の中の暗殺者』のスタッフ

原作
青山剛昌

監督・絵コンテ
こだま兼嗣

脚本
古内一成

演出
佐藤真人

キャラクターデザイン・総作画監督
須藤昌朋

デザインワークス・作画監督
山中純子

アクション作画監督・レイアウトチェッカー
清水義治

色彩設計
西香代子

美術監督
渋谷幸弘

美術設定
六本木和成

撮影監督
野村隆

音響監督
小林克良

音楽
大野克夫

プロデューサー
諏訪道彦、吉岡昌仁

アニメーション制作
東京ムービー

『瞳の中の暗殺者』の感想や口コミ

刑事を筆頭に主要メンバーが容赦なく狙われる!
漫画のシーンも多く登場、新一と蘭を中心に動いていくストーリー お決まり要素にまだ囚われていないアクション等、傑作です。
是非見てほしい need not to know
真実は、貴方の目で。

コナンの瞳の中の暗殺者過去最高!
全て忘れてたから楽しめた!

瞳の中の暗殺者おもしろすぎた。
コナンくんが蘭のために命をかけて守る姿がかっこいい〜

瞳の中の暗殺者、蘭ちゃんが記憶取り戻して園子ちゃんに「一生の友達」って言って園子ちゃん号泣するところで私も一瞬で号泣する

瞳の中の暗殺者での「オレが蘭を守ってやる…」っていうセリフから20年経ってもスタンスが変わっていないの、ちょっと涙腺にきてしまう

『瞳の中の暗殺者』おまけ情報

風戸 京介(かざと きょうすけ)
→井上和彦
米花薬師野病院心療内科医師。両利き。

『瞳の中の暗殺者』の犯人である風戸 京介の
声優を演じた井上和彦さんが、のちに白鳥警部の声を担当されることになります。二代目・白鳥警部の声優を井上和彦さんがされています。

風戸京介と白鳥警部の髪型、どことなく似ていますね。