注目キーワード
  1. DMM WEBCAMP

名探偵コナン【漆黒の追跡者】アイリッシュが工藤新一だと気づいた理由と事件の真相

名探偵コナン劇場版『漆黒の追跡者』に登場する【黒ずくめの組織】の一員、コードネーム・アイリッシュが登場します。そしてアイリッシュは江戸川コナンが工藤新一と同一人物であることを突き止めます。

どうしてアイリッシュはコナンが工藤新一だと気づいたのでしょう。
そもそも『漆黒の追跡者』とはどのような物語なのでしょう?

アイリッシュがコナンが工藤新一だと気づいた理由

連続殺人事件が起きています。
アイリッシュは松本清長警視に変装して、捜査会議に出席しています。
というのも、連続殺人事件の被害者の中に『黒ずくめの組織』の工作員がいました。

その工作員は『黒ずくめの組織』の工作員のリストが入ったメモリーカードを持っていました。そのメモリーカードを連続殺人事件の犯人が持って行ってしまったのです。

アイリッシュの任務はメモリーカードを取り返す事です。
そのためにアイリッシュは松本清長警視に変装して捜査会議に参加しています。
そしてその会議にはもう一人の『黒ずくめの組織』のメンバーが変装して出席していました。

組織では「千の顔を持つ魔女」と呼ばれる程の変装の達人・ベルモットです。
アイリッシュはバレずに上手くやれてるのかな?の確認です。
ベルモットがアイリッシュの変装を指南したようなのです。

コナンは気づくのです。ベルモットが変装して捜査会議に出席している!
で、追いかけます。間に合いませんが・・・。ジンのポルシェ356Aを見かけるのです。

で一方、松本清長警視に変装しているアイリッシュです。
コナンという名前のやたらと頭のキレる少年がいることを捜査会議が始まる前に知ります。で、実際にコナン少年がベルモットが変装して捜査会議に出席していたことに気づいたことに、気づきます。

アイリッシュ、警察のデータベースで『江戸川コナン』を検索します。
データ出てきます。で、なにか思うところがあるんでしょうね。

アイリッシュ、高校に侵入、工藤新一の指紋を黒衣の騎士の兜から採取します。
そしてコナンの指紋を工作の授業で作った粘土のイルカの背ビレから採取します。で、二つの指紋を照合します。そして一致。
コナンと工藤新一って同一人物だったのか・・・。
そんな具合です。

しかしアイリッシュ、コナンが工藤新一であることをジンに報告しません。
それは何故なのでしょう?

アイリッシュはどうしてジンにコナンが工藤新一であることを伝えなかったのか?

アイリッシュはジンを失脚させたいのです。
アイリッシュは黒ずくめの組織の工作員・ピスコを父のように慕っていました。
ピスコはミスを犯し、ジンによって殺害されていまいます。

アイリッシュはコナンが工藤新一であることを「あの方」に伝えようするのです。つまりそれはジンの工藤新一殺害失敗を意味します。
※「あの方」それは黒ずくめの組織のボスです。

『漆黒の追跡者』を解説

連続殺人事件が起きます。
場所は東京・神奈川・静岡・長野。
どの現場にも麻雀牌が残されていました。
麻雀牌の後ろに刻まれたアルファベットの文字。
6人目の被害者が言った「七夕、きょう・・・」の言葉。

これらは一体なにを意味するのか?

犯人を探す。警察とコナン。

そして
犯人は被害者の所持品を一つ持ち去っています。

実は連続殺人事件の被害者の中に『黒ずくめの組織』の工作員がいました。
犯人に持ち去られた所持品の中に、メモリーカードが入っていました。
メモリーカードの中に記録された『黒ずくめの組織』の工作員のリスト・・・。

『黒ずくめの組織』のアイリッシュはそメモリーカードを取り返すために、
松本清長警視に変装して捜査会議に出席します。
本物の松本清長警視は拉致されています。命は無事です。映画の終盤で発見されます。

コナンは捜査会議に出席しているアイリッシュが誰に変装しているのか?
それを気にかけつつ事件を解決する。そんな物語の構成になっています。

『漆黒の追跡者』
連続殺人事件の犯人は誰か?
『黒ずくめの組織』のアイリッシュ誰に変装して警察組織に紛れているのか?

事件の真相

連続殺人事件の犯人の事件の動機は?

「七夕、きょう・・・」

七夕、京都。

事件の発端は2年前の七夕の夜、京都でのホテル「HOTEL VEGA」での火事です。本上なな子が命を落としました。

7人乗りのエレベーターに乗れず、命をおとしてしまったのです。
無理やり、エレベーターから押し出されてしまったのか?
そして連続殺人事件の被害者の共通点は、そのエレベーターに乗っていた7人だったのです。

容疑者としてあがったのは、なな子の恋人・水谷浩介です。
水谷、最後は自分自身の命も落とそうと考えていました。手元に被害者たちから持ち帰った所持品を置いて自分が犯人ですよ。とうったえる。

ですが、
水谷浩介は真犯人ではありませんでした。
真犯人に犯人として担ぎ上げられていました。実際に殺人を犯していたのは別の人物なのです。

コナンによって、本上なな子の死の真相が判明します。
本上なな子は自らの意志で、エレベーターに乗りませんでした。
7人を助けるために、火事のさなかフロアに残るとう選択をしました。

事件の真犯人は本上なな子の兄、本上和樹でした。
本上和樹は、なな子の死の真相を知りながらも7人許せませんでした。

ちなみに連続殺人犯の被害者で、『黒ずくめの組織』の工作員だった人物は3番目の被害者、代議士秘書の岡倉政明でした。
持ち去れたらお守り袋の中にメモリーカードが入っていました。

アイリッシュの最期は?

『漆黒の追跡者』真犯人が判明したあとも物語は続きます。
ここからはアクション映画です。
舞台は東都タワー。(東京タワー的なイメージです)

アイリッシュVS蘭

アイリッシュが拳銃から弾を放ちます。
蘭、集中しその弾をかわすのです。

しかし格闘でも上回るアイリッシュが蘭を倒します。

アイリッシュはコナンを連れて帰りたいのです。
「あの方」の前に差し出して、ジンの工藤新一殺害の失敗を報告したいのです。

逃げるコナン、追うアイリッシュ。
コナン、ピンチ・・・。

そこへ、戦闘ヘリでやってきたジン、ウォッカ、キャンティ、コルンです。
東都タワーの下にはパトカーが駆けつけています。

ジン、アイリッシュに逃げ場はない。
ジンの指示で、女スナイパー・キャンティがメモリーカードごとアイリッシュを撃ち抜きます。最終的にはその場で、アイリッシュは落とします。

ジン、その場にアイリッシュ以外の人間がいることに気づきます。
コナンを戦闘ヘリの機関銃が襲います。

東都タワーの外階段を逃げるコナン、放たれる機関銃・・・。
ボロボロになっていく東都タワーの上層階・・・。

コナン追い詰めるもアガサ博士の発明品をつかい、
サーチライト的なものを反動を使って、勢いよく戦闘ヘリに直撃させます。

戦闘ヘリから爆炎が・・・。
そして爆発。

後日。
戦闘ヘリの残骸からは、
人は発見されませんでした。
ジンを含めた『黒ずくめの組織』メンバーたちは逃げたのです。
コナンと『黒ずくめの組織』の戦いは続くのです。