注目キーワード
  1. DMM WEBCAMP

プログラミングの独学は無理?1度やってみるのはあり!

プログラミングを独学って無理なの?
実際どうなの?

未経験からエンジニアへ転職を本気で考えているなら、
プログラミングの独学はおすすめしません。

ただ中にはプログラミングを独学で学び、
就職出来てしまう人やフリーランスになる人もいます。
一度プログラミングを独学でチャレンジすることはおすすめです。

プログラミングを独学で勉強!おすすめの方法?

Progate(プロゲイト)とCodePrep(コードプレップ)がおすすめです。
最後まで進めれたからといって、就職できるというわけではありません。

1度独学で学ぶことをチャレンジしてみるはおすすめですが、未経験からエンジニアへ転職を本気で考えているなら、プログラミングの独学はおすすめしません。

※そのためProgate(プロゲイト)、CodePrep(コードプレップ)思うように進まなくても問題はありません。
そのあとスクールに通ったとしても、実際に仕事にした後でも、学んだことを使う機会はあります。自主的に学んでいけるとう姿勢が重要な業界だったりします。

Progate(プロゲイト)で学ぶ

Progate(プロゲイト)
Progate(プロゲイト)サイトより

Progate(プロゲイト)がおすすめです。
月額980円を払わずとも、無料である程度は学べます。
無料で学べるところが問題なく出来たなら、有料にしてみること。

Progate(プロゲイト)で学べる言語

言語説明
HTML&CSSWEBページの「骨格」と「見た目」の言語
JavaScriptフロントエンドの言語
jQueryJavaScriptのライブラリ
Rubyサーバーサイドの言語
Ruby on Rails5Rubyのフレームワーク
PHPサーバーサイド言語
Javaプログラミング言語
Pythonサーバーサイド言語
Command Lineコンピュータに対する支持を行う操作方法
Gitソースコードのバージョンの管理ができるツール
SQLデータベースを管理する言語
SassCSSを便利に使う言語
Goサーバーサイド言語
ReactJavaScriptのライブラリ
Node.jsサーバーサイドで動くJavaScript

Progateはこちら

CodePrep(コードプレップ)で学ぶ

CodePrep(コードプレップ)で学ぶ
CodePrep(コードプレップ)サイトより

最初は穴埋め形式で、問題を解いていきます。
用意されているブックは無料で学べます。

特徴は、ディスカッションボードという掲示板機能があり、分からないことは他のユーザに質問しながら学習を進めることができます。

CodePrepはこちら

プログラミングの独学は無理?

プログラミングの独学は無理?

未経験からエンジニアへ転職を本気で考えているなら、
プログラミングの独学はおすすめしません。

実務経験がない場合は実績がありません。
就職の面接では「ポートフォリオ」を重要視されます。

独学で面接に受かるクオリティのポートフォリオを作成できる。
これは大したものです。素晴らしいです。

私自身、WEB業界でフロントエンドエンジニアをしていました。
中には、独学で勉強して企業の面接を突破してくる人がいます。
そんな強者も現実にはいます。

そのためプログラミングの独学が絶対に無理だとは言いません。
独学でなんなく勉強していけるなら、技術力ははるか彼方に向上していけます。
独学で勉強できるならぜんぜんやってほうがいいです。

ただ現実はそういうわけにもいきません。
コードのどこが間違ってるかわからなくて、モニターとにらめっこです。
最初は開発環境を設定するのも面倒で嫌になったりします。
RubyやPHPやJavaScriptが勉強したいのに、HTMLで足止めされることもあります。

結果プログラミングに到達する前に、
どんどんプログラミングが嫌いになっていきます。

独学だとプログラミングの学習に時間がかかる

独学だとプログラミングの学習に時間がかかる

プログラミングのコードを書いてみると、思ったように動かないことがあります。気づいたら、それは本当に些細な間違いだったりします。一文字間違えていた。文字が抜けていた。へんなスペースが入っていた。

間違いに気づかず時間を大きくロスしてしまうことが多々あります。自分の犯す間違いのパターンに気づけないとう・・・。このけっか大幅に時間を使ってしまうことが多々あります。

時間的にたっぷり余裕があるならいいのですが、未経験からエンジニアへ転職を考えた場合なかなかそういうわけにもいきません。日々の支払いが迫ってきます。そして先行き不安な未知のプレッシャー。

独学でプログラミングを学ぶ。効率のわるさはいなめません。

プログラミングを学ぶにはメンターが重要

プログラミングを学ぶにはメンターが重要

プログラミングを学ぶ上で、すぐそばに質問に答えてくれる人がいるというは重要です。なかなか自分では気づかない間違いも、第三者の目が入ることによってスムーズにいきます。

実際に仕事をするにあたっては、コードの書き方というもの重要になってきます。コードを書きました。動きます。後に修正が入ることが多々あります。そのため、ただコードを書くだけでなく、修正をしやすいキレイなコードを書く必要があります。

※「キレイなコード」簡略化されたコード。

プログラミングスクールにいる、現役エンジニアがその手をことを教えてくれたりもします。実際、仕事になったなら自主的に学んでいく姿勢はとても重要になります。プログラミングスクールでも自主的に学びつつ、聞ける環境にあるということが大切です。

プログラミングを一緒に学べる仲間がいる

プログラミングを一緒に学べる仲間がいる

プログラミングスクールの課題にはチームでの共同開発があったりします。
のぞむ課題は難解です。一緒に課題にのぞむ仲間がいるというは重要になってきます。プログラミングの勉強、独りだと挫折してしまうことはありがちなのです。

実際の仕事でもコミュニケーション能力は大切です。

プログラミング学ぶならプログラミングスクールがおすすめ

未経験からの転職を考えてプログラミングを学ぶなら、
プログラミングスクールへ通うことをおすすめします。

別の業界からエンジニアへ転職しようとするなら、
具体的に期間を設けて勉強することをおすすめします。

転職を目的としたプログラミングスクールなら、
受講期間が決まっており、プロのキャリアアドバイザーがいる場合もあります。

就職したい会社の企業風土や給料、残業の有無を相談することが可能です。